今から始める太陽光発電

太陽光発電を始める前に見るサイト

今から始める太陽光発電

大きく普及した太陽光発電

太陽光発電システムは、東日本大震災に起因する電力問題をきっかけに平成24年から始まった、再生可能エネルギーによる電力の買取り制度(固定価格買取制度:FIT)によって急速に普及し、実際に使用される家庭や、発電事業として設置する事業者も増えました。

太陽光で発電するため生活で使用する電気代を節約することができ、固定価格買取制度によって余った電気を電力会社に販売できるようになりました。また、10kW以上のシステムを設置することで発電したすべての電気を電力会社に販売できる全量買取制度を利用して太陽光発電を事業として稼働できるなど、一般家庭にも事業者にも大きく普及しています。
しかし、住宅の屋根に設置する小規模発電システムでもその購入設置費用は高額で、また、購入や設置に関するトラブルがある事も事実です。

今からでもメリットのある太陽光発電

買取価格が毎年見直され買取単価が下がったことや、固定価格買取制度の変更などにより、特に事業用の10kW以上の太陽光発電システムにおいては以前ほどの利幅は見込めなくなりました。しかし、太陽光発電システムの価格が急激に下がっていることもあり、以前よりも初期費用が掛からなくなっています。
このため、10kW以上の産業用の太陽光発電システムでこれから事業として発電を開始しても、十分に利益が見込めます。

また、太陽光発電システムの価格が下がった上に、10kW未満の太陽光発電システムの余剰電力位の買取価格に関してはあまり下がっていないため、発電した電気を自家使用してさらに余った電気を電力会社に販売することで、今からでも十分に金銭的なメリットが見込めます。

太陽光発電システムとは

太陽光発電システムとは、おおまかに、太陽の光で発電した直流の電気を交流に変換して、家庭内の家電製品や電力会社へ供給するシステム全体のことを言います。

太陽光発電システムとは

太陽光発電システムの設置

システムを導入済みの方でも意外と気にされない部分が「設置工事」です。
場合によっては設置後のトラブルのもとにもなる設置工事に関することや、太陽光パネルの設置場所などについて設置前に十分検討する必要があります。

太陽光発電システムの設置

固定価格買取制度について

太陽光発電で発電した電気は「固定価格買取制度」により、その一部またはすべての電力を電力会社に買い取ってもらうことが出来ます。
設置する太陽光発電システムの容量や設置場所にかかわらず、太陽光発電の設置を検討する際には、この固定価格買取制度に関する知識は欠かせません。

固定価格買取制度について

太陽光発電の設置費用のこと

太陽光発電システムの設置価格は太陽光電池パネルのメーカーをどのメーカにするかや、設置場所の状況などで変わってきますが、太陽光発電の設置による収支を検討する場合には設置工事費用まで含めた費用で検討する必要があります。
太陽光発電システムの各販売業者や設置業者がホームページや広告などで表示している価格には、太陽光パネルなどの部材の価格のみで設置工事費用が含まれていない場合があるため注意が必要です。

設置費用のこと