設置費用について

太陽光発電を始める前に見るサイト

今から始める太陽光発電

太陽光発電システムの設置価格は太陽光電池パネルのなどの部材の選択や、屋根の形状や土地の形状などの設置場所の状況で大きく変わってきます。
また、ホームページで表示している価格には太陽光パネルや架台の価格のみで設置工事費用が含まれない場合があります。

太陽光発電システムの設置費用に関係するもの

太陽光発電システムの設置費用は高額となるため、設置業者などは慎重に選びたいものです。
しかし、太陽光発電システムの設置費用には様々な費用が加算されることになり、単純に価格だけでは比較できないものです。

太陽光パネルなどの部材

まず、費用を左右するものは太陽光パネルです。
太陽光発電パネルメーカーは数多くあり、どのメーカーの太陽光パネルを使用するかによって費用が変わってきます。
また、一つのメーカーから複数の太陽光パネルシリーズを販売しているケースもあり、同じメーカーの太陽光パネルでも費用に差が出ます。

太陽光パネルメーカーによって太陽電池の種類が異なり、それぞれ長所と短所がありますので、単純に価格だけでは決められない部分があります。
それぞれのメーカー、タイプによる太陽光パネルの特性の違いを十分に比較して検討する必要があります。

他に、太陽光パネルを固定する架台やパワーコンディショナについても様々なメーカから製品が出されています。

現実的には販売業者や施工業者が得意とするメーカのものから組み合わせてプラン提示されることがほとんどとなりますので、個々に自分で選択するのではなく、事前に複数の販売業者や施工業者から見積もりを取ったうえで、それぞれのプランを比較検討することになります。

太陽光電池の種類と特徴

屋根形状土地状況

設置費用には太陽光パネルを始めとした部材価格の他に、施工費用があります。
施工費用で差が出やすいのが設置する屋根の形状です。
スレート屋根なのか瓦屋根なのか、寄棟屋根なのか切妻屋根なのか、など、屋根の形状により設置費用は異なります。

また、太陽光パネルを設置予定の建物が建築後時間がたっている場合など、屋根の状態によっては太陽光パネルを設置するための補強工事が必要となる場合があり、補強の内容も設置費用に大きく影響します。

産業用の太陽光発電などで、地面に直接野立設置する場合には設置場所の状況で大きく設置費用が変わってきます。

完全な更地であればそのまま架台を設置することが可能な場合もありますが、木が生えている場合はその抜去やその後の整地作業が必要となります。
また、野立設置の場合にはいたずらや盗難防止のためにも、太陽光発電システムを囲むフェンスなどの設置を検討したいところです。

直接の設置費用とは異なりますが、野立設置の場合には雑草対策が必要となる場合が多くなります。事前に雑草防止の砂利を敷き詰めたり、防草マットを敷いたりする雑草対策についてもコストとして勘案する必要があります。

施工業者

施工費用に関しては設置業者の手間賃である部分が大きいの物ですので、業者間で費用に差が出る場合があります。

設置場所や設置する太陽光パネルメーカー等が決まっている場合、複数の設置業者に見積もりを取ってみると費用の比較ができて便利です。

ただし、施工費用のみで施工業者を決めるのは注意も必要です。
太陽光発電システムの設置ページでも触れているように、設置工事の品質は非常に重要ですが、見積書だけでは品質まで判断できないことが大部分です。
見積価格の設置費用が安くても、施工時に追加工事が必要なことが判明して追加費用が発生することがあります。

見積りを取った場合には単純に費用だけを見るのではなく、何の費用が加算されているのか、追加費用が発生する場合はどのような場合でいくらぐらいなのか、などについて確認しておきたいものです。

見積書ではわからない部分も

太陽光発電システムは固定価格買取制度開始後に、ここ数年で急速に広まったため、施工業者の技術が未熟な場合があります。

施工は信頼できる業者で

太陽光発電システムは設置費が高額で、数十年にわたって使用するものですから、施工を依頼する販売業者や設置業者は太陽光発電ブーム以前から太陽光発電を取り扱ってるかどうかや、施工実績を豊富に持つかどうかが信頼できる業者選びのポイントの一つとなります。

太陽光発電システム一括見積サイトの利用も

施工業者は自宅の近くが安心できる、という場合も多いと思いますが、実際には「太陽光発電システム」の看板を掲げていてる家電店でも施工実績がほとんどない場合もあります。
また、1件1件回って設置条件を提示したうえでそれぞれの設置業者から見積もりを取る作業は大変です。

そこで、一括見積サイトなどを利用するのも一つの手です。

一括見積サイトや見積比較サイトと言われるサイトでは、屋根の形状や希望パネルメーカーなどの設置条件を一度入力するだけで複数の設置業者から見積もりを取ることが出来るメリットがあります。もう一つのメリットとして、同じ内容の設置条件に対して複数の業者から見積もりが取れるために、見積り内容の比較がしやすい、ということがあります。

だたし、一括見積りサイトからの見積もりでは、設置場所の詳細な条件を考慮していない場合がほとんどですので、まず、一括見積サイトで複数の見積もりを取り、その内容や対応を見て2,3社に絞ったうえで、現地調査による詳細な見積提示を受けることをおすすめします。