設置費用の相場

太陽光発電を始める前に見るサイト

今から始める太陽光発電

太陽光発電システムの設置を検討する際には、事前に設置費用について一括見積サイトなどで複数の会社から見積もりを取ることで見積価格を比較することが出来ますが、あまりに安い業者はやはり施工品質などに不安があります。

入手した設置費用の見積もりが高いのか安いのか、安い場合でも不自然に安すぎないのかを判断するためにも、設置費用の相場を知っておくことも重要です。

パネルのみで26~37万円/kW程度

太陽光発電システムの価格や設置費用についてのページでもご案内していますが、太陽光発電パネルのメーカーは様々あり、またメーカーごとに使用している太陽電池の種類も異なるため、太陽光発電パネルの価格にもばらつきがあります。

太陽光発電の普及に伴い海外製の比較的安い太陽光パネルが使用されるケースも増えてきており、平成29年初めの時点の太陽光パネルの価格は、kW当たりの単価では安いメーカーの太陽光発電パネルで26万円/kW(税別)程度、高いメーカーのもので37万円/kW(税別)程度で、中心値は33万円/kW(税別)程度となっているようです。

設置費用の比較は設置費用込みで

太陽光発電システムを設置する場合には、通常は太陽光パネルをはじめとした部材の手配から設置工事までを含めて、太陽光発電の販売業者もしくは施工業者に一括で依頼することになると思います。

また、パネルの価格が安くても施工業者によっては施工費用が高く、実際に施工した後の設置総額では結局高くつくということもめずらしくありません。そこで通常見積り時の価格比較は、施工費用も含めた総額で比べる必要があります。

施工内容にも注意を払う

ここで注意したいのは施工品質です。
施工費用として価格を見積もってもその品質には施工業者によってばらつきがあります。

固定価格買取制度の施行による太陽光発電ブームによって、太陽光発電システムの取扱業者とともに、施工業者も急増しました。このため、施工経験が乏しく、施工技術が一定の水準に達していない施工業者が存在することも事実です。

住宅用の太陽光発電パネルは屋根に設置するケースがほとんどですが、屋根に架台を取り付ける際に必要以上に屋根を加工したり、防水処理がきちんと出来ていないなどの理由で雨漏りが発生したりする事例が実際にあります。

現場を踏まえた見積もりをもらう

施工費用は屋根の形状だけでなく、屋根の状態、周辺状況などで大きく変わってきます。
また、施工業者と設置場所が離れている場合には移動に関する費用を加算される場合もあります。
見積もり段階で安い費用を提示されても、現場確認によって見積り費用が高くなったり、施工後に追加費用を請求されてしまうケースもあります。

設置業者によっては一般的な屋根形状を設置ワット数、設置パネルメーカー程度で見積もりを出してくれる場合もありますが、上記のように正確な見積もりとは言えません。

多少面倒でも、可能な限り正確な図面(ご自宅の建築時の図面など)や屋根の状態がはっきり分かる写真などを提示したうえで見積りを出してもらうようにします。そのうえで、実際に発注する前には事前に現場を確認調査してもらったうえで、屋根の状況などを勘案した正確な見積もりを出してもらうようにする必要があります。

その際に、施工内容や施工費用の明細についても見積書で確認できることが理想です。

施工費込の相場

一般的に太陽光発電システムの設置費用は、既存の建物に設置する場合よりも新築の際に合わせて設置する方が安く、また、設置するシステムの容量が大きいほど設置単価が安くなる傾向にあります。

住宅用の10kW未満のシステムの場合の1kW当たりの設置費用は、概ね35万円(税別)から47万円(税別)程度となっているようです。

なお、電力モニターを付けるかどうかや電力モニターの構造やメーカーなどによっても価格が異なりますので、比較する際には注意が必要です。