太陽電池の寿命

太陽光発電を始める前に見るサイト

今から始める太陽光発電

太陽光発電のに関るす情報を集めていると、メリットの一つとしてメンテナンスの必要が無い“メンテナンスフリー”ということを見聞きすることが多いと思います。太陽光発電システムは設置が完了して稼働を開始すると、後は基本的には何もしなくても良いのですが、太陽光パネルやパワーコンディショナには寿命があります。

徐々に低下する発電量

メンテナンスフリーと言われると、永久的な運用が可能であるようなイメージを持ちますが、太陽光発電システムも工業製品の1つである以上寿命があり、また、太陽光パネルの経年劣化によって徐々に発電能力が低下していきます。

太陽光発電では、実際に稼働して性能を維持できる耐久年数がどれくらいであるかを知ることも大切ですが、収益を見込むのであれば当然発電効率も気をつけるべきポイントとなります。
太陽電池は経年劣化によってゆるやかに発電量が低下するという事実は見逃せません。

20~30年といわれる太陽電池の寿命

太陽光発電システムを構成する発電パネル・パワーコンディショナー・配線など、それぞれに異なる寿命があります。発電パネルを支える架台や、パワーコンディショナー内の細かい部品に至るまで、それぞれに寿命があることは太陽光発電の導入を検討する際には意識しておきたいポイントです。

太陽光発電は東日本大震災後の再生可能エネルギーの普及を目的とした、通称固定価格買取制度(FIT)の導入によりここ数年で急速に普及が進んだため、正確な寿命がどの程度であるか実例として明確ではない部分もあります。発電パネル内の太陽電池は半永久的、発電パネルは30年以上耐用できるなど、諸説が聞かれるのも事実です。

メーカー補償は20~25年

一般的には、発電パネルは20~30年と言われています。個々の製品によっても異なりますし、設置環境などにも影響されますが、メーカー補償が20~25年に設定されている点は1つの目安となるでしょう。

太陽電池が半永久ということはありえないとしても、経年劣化による発電量の減少については、あるメーカーが1990年代から行っている耐久性テストの結果を公表しています。この性能評価によると、25年目の製品で発電量が9.62%減少すると報告されています。

京セラの実践施設では1984年から稼働中

実際に稼働している設備の実例としては、京セラが千葉県佐倉市に設置している佐倉ソーラーエネルギーセンターの太陽光発電システムがあります。

こちらに設置されている太陽光発電システムは1984年から発電を開始し現在(2017年1月時点)も稼働中で、発電開始から32年後の2015年の時点での発電能力は、稼働当初との比較で13%の低下となっています。

京セラソーラーの原点、1984年、千葉県・佐倉市に設置された太陽電池は今も稼働中

パワーコンディショナの寿命は10年程度

パワーコンディショナーについては、耐用年数が10年から15年ほどと言われています。太陽光パネルと同様に実際には20年以上稼働しているパワーコンディショナもありますが、全量買取によって20年間の売電を見込む場合にはその間に一度は交換することを念頭に置いた方が無難と言えます。

太陽光発電システムの法定耐用年数

さらに、太陽光発電の寿命として考えておく必要があるのが、固定資産税に関わる償却資産としての法定耐用年数です。

太陽光発電システムは償却資産となるため、減価償却に基づく固定資産税を毎年支払わなければなりません。固定資産税とは、土地や家屋など償却資産(固定資産)の所有者に対し、固定資産の所在する市町村が課税する税金のことです。

特に産業用として10kW以上の規模で発電事業を始めた場合、確定申告も義務づけられているため、減価償却としての耐用年数が重要なポイントとなります。

産業用システムの法定耐用年数は9年

固定資産税は、固定資産の価格をもとに算定され、毎年1月1日現在の当該固定資産が所在する市町村に支払うことになります。税率は1.4%、納税期間は住宅用の太陽光発電システム(10.0kW未満)であれば設置から17年間、産業用の太陽光発電システム(10.0kW以上)では9年間と定めらています。