太陽電池とは

太陽光発電を始める前に見るサイト

今から始める太陽光発電

太陽電池とは

太陽電池とは太陽光発電パネルに使用される最小単位の発電装置のことで、太陽電池を複数使って太陽電池モジュールを作り、太陽電池モジュールを集めて太陽光発電パネルを構成します。
通常はこのパネル単位で販売され、太陽電池モジュールに使用される太陽電池には、多結晶(シリコン系)、単結晶(シリコン系)などの種類があり、また、それぞれに特徴があるためパネルメーカーによって太陽電池モジュールに使用される太陽電池の種類が異なります。

太陽電池の種類

現在販売されている太陽光発電パネルに使用されている太陽電池の主な種類には、多結晶(シリコン系)、単結晶(シリコン系)、CIS(薄膜系)、HIT(単結晶系ハイブリッド型)、などがあります。
太陽光発電パネルでは老舗メーカーの京セラでは多結晶(シリコン系)タイプの太陽電池が使用されています。

多結晶(シリコン系)太陽電池

結晶の大きさが数mm程度の多数の単結晶シリコンのからなる多結晶シリコンを利用した太陽電池です。
単結晶シリコンの太陽電池に比べると発電効率は落ちるとされますが、生産性に優れれるため単結晶シリコンと比較して原材料の製造コストが安く、現在主流となっているタイプの太陽電池です。
また、比較的安価ではありますが、単結晶シリコンの太陽電池と同等の耐久性があります。

主な太陽光発電パネルメーカー:京セラ、東芝

単結晶(シリコン系)太陽電池

初めて作られた太陽電池はこの単結晶シリコンの太陽電池で、最も古くからあるタイプの太陽電池です。
高純度シリコン単結晶ウエハを半導体基板として利用し、最も古くからあるタイプの太陽電池でありながら、変換効率が20%を超える製品があるように変換効率が高いことが特徴です。
ただし、単結晶シリコンの太陽電池は生産コストが高い傾向があります。

主な太陽光発電パネルメーカー:三菱電機、京セラ、東芝

CIS(薄膜系)太陽電池

化合物系薄膜太陽電池といわれるタイプの太陽電池で、主成分が銅、インジウム、セレンのため、3つの頭文字から「CIS」と呼ばれています。
シリコン系のものと比べて変換効率に劣るとされていますが、陰の影響を受けにくく高温時でも出力のロスが少ないとされているため「実発電量」に優れているとされます。
主成分の銅、インジウム、セレンにガリウムを加えたCIGS太陽電池もあります。

主な太陽光発電パネルメーカー:ソーラーフロンティア

HIT(単結晶系ハイブリッド型)太陽電池

結晶シリコンとアモルファスシリコンを積層したハイブリッド型の太陽電池です。
通常の結晶シリコンに比してコストが高いものの、変換効率が高く、一般的に太陽電池は高温となると発電効率が落ちますが、このHIT(単結晶系ハイブリッド型)では温度特性も良く高温になっても変換効率が高いなどの特長があります。

主な太陽光発電パネルメーカー:パナソニック

設置費用に直接影響します。

太陽電池はその種類によって製造コストが異なるため、太陽光発電パネル、モジュールは使用される太陽電池によって価格が異なります。
太陽光発電システムの設置費用は太陽光発電モジュールの費用が大きな部分を占めますので、メーカーの違いによる太陽光発電パネルの違いと費用を十分に比較する必要があります。